一般社団法人 横浜市私立保育園園長会

保護者のみなさまへ

2020/04/17
横浜市私立保育園園長会から保護者のみなさまへ「登園自粛」のお願い


                            横浜市私立保育園園長会
                                会長 大庭良治
 保護者の皆様には平素より多大なるご協力ご理解をいただき心より感謝いたします。
既に報道等によりご承知のように、全国の保育園、子ども園等の児童福祉施設において
クラスターともいえる新型コロナウイルスの感染が発生しています。横浜市の保育園でも
感染が発生し、他園においてもいつ感染者がでてもおかしくない状況となっております。

 保育園は集団での保育を行う場で、密閉・密集・密接の3密現場であり、職員と子ど
も、子ども同士の濃厚接触が避けられません。また、感染症対策につきましては各園にて
可能な限りの努力はしておりますが、マスクや消毒液等が不足している園もあり、対策が
十分とは言い切れません。
 当会としましては、このままの状況が継続すれば子ども、保護者、職員に感染が拡大
し、保育崩壊となりかねないと危惧しております。
 そこで、横浜市からの休園の決定は出されておりませんが、このような状況を回避する
ため、保護者の皆様に再度、登園自粛のお願いをさせていただくことといたしました。
感染症蔓延のリスクが日ごとに高まっている現時点では、「家にいる」ことで感染から
身を守ることが必要だと考えております。
 お子様、保護者の皆様、保育園職員の生命を守り、必要な保育を継続していくためには、
保護者の皆様のご協力が不可欠です。何卒、ご理解の上ご協力をお願いいたします。

関連資料等



もどる

▲トップ